2009年11月27日

ドル全面安で円高に…




ポジション巻き戻しのドル高はまだ来ないようです。インド中銀の金追加購入や、
ロシア中銀が外貨準備の一部をカナダドルで運用するなどドル離れが着々と進
んでいる様子。ドル安がさらに加速しました。
ドル全面安の流れで、とうとう円に対してもドル安(円高)となり、ドル円は88.00
辺りのサポートをブレイクし、ロングのロスカットを大量に巻き込んで1995年7月
以来の水準まで下落して、86.28円の安値を付けました。

USDJPY11.26.gifさて、チャートはドル円週足ですが、年初よりの
リバウンドが終わり、4月からダウントレンド再開
が著明です。ドル安でも円安であったためドル円
の下落は緩慢でした。ようやく、動意を示し始め
ディナポリターゲットを達成しましたので、次の
ポイントは82.90辺りです。

XJY11.26.gifXJY11.26 2Y.gif

円インデックスを見ますと、24日から25日にかけて窓を開けての上昇です。
さて、円高の目途を値幅観測論から求めますとNT計算値:114.47、
V計算値:118.41、N計算値:119.49、E計算値:124.51となりますが、
V計算値の118.41、N計算値の119.49辺りが、有力候補かと思われます。
まだ円高は進みそうですが、ショートカバーや介入などに注意です。

ラベル:FX 為替 投資
posted by そよかぜ at 01:08| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月24日

気になるオージー




豪ドルドルは、11月16日高値0.9404からディナポリターゲットである
11月20日安値0.9060を達成し、そこから急速に61.8%戻しを達成、
現在は4時間足でのトリプルトップのネックライン地点にあります。
微妙なところですね。チャートを見ますと何やら豪ドルのショートには
チキンなところがあるように見えますね。ボリンの口もすぼみつつあり、
上値試し、下値試しと雲の中を上下にぶれながらも、パリティに向けて
の買い再開までに、もう少しポジションの調整が行われるものと思われ
ます。下は、豪ドルドルの4時間足チャートです。ご参考まで。

AUDUSD11.24.gif
ラベル:FX 為替 投資
posted by そよかぜ at 08:20| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月23日

サポート割れしたポンド円






毎年この時期は、欧米の決算にともなうポジションの手仕舞いが見られ、チャート上も
どの通貨ペアも反対売買が見られます。これまでのドル売り円売リの反対ですから、
ドル買い円買いの動きになるものと思われます。

GBPJPY 11.21.gif DXY.gif 

ところで、ポンド円は、ようやく第一関門である200SMAを下抜きました。遅行線は、
ろうそくの実態を突き抜けようとしていますが、146.30辺りの抵抗を受けています。
ここを抜けますと雲の下限144円辺りから142円辺りまで下げが加速しそうです。
先週末にポジションは一旦スクエアにしましたので、戻りを丁寧にショートしていきたい
と思います。147.25、147.52、147.83辺りを戻りの目処としています。

先の事ですが、12月初めには雲のねじれも見られ、139円台の安値は更新せずに
150円位までの上昇の可能性も見ていますので、安値売りは避けたいところです。

ラベル:FX 為替 投資
posted by そよかぜ at 08:40| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月17日

200EMAと200SMA





移動平均とは、ある一定の期間のレートを合計し、その期間数で割ったものですが、
SMA(Simple Moving Average)、EMA(Exponential Moving Average)、
WMA(Weighted Moving Average)など種類があります。御存じかとは思い
ますが、主な3つをそれぞれを以下に整理しておきます。

●単純移動平均 SMA(Simple Moving Average):
    一定期間の終値を単純に平均化したもの
    SMA(n)=P1+P2+P3+・・・+Pn/n
    ※nは日数。Pは採用したプライス(通常、終値を使用)

●指数平滑移動平均 EMA(Exponential Moving Average):
    一定期間の平均値ではなく、直近のプライスをより重視する指数平滑平均
    EMA(1)=SMA(n) ・・・1日目
    EMA(n)=EMA(n-1)+α×{P(n)-EMA(n-1)} ・・・2日目以降
    α=2/n+1

●加重移動平均 WMA(Weighted Moving Average):
    直近のプライスに重みをつけた移動平均
    WMA(n)=1×P1+2×P2+3×P3+・・・+n×Pn/1+2+3+・・・+n


上記のようにSMAは現在のレートと過去のレートを平等に扱いますが、EMAは
現在のレートを過去のレートより重要視します。
ところで、突然に移動平均の話などが出てきて何が言いたいかと申しますと、トレーダー
には、SMAを見ているものもEMAを見ているものもあり、同じ時間軸ののチャートを
見ていましてもそのことによりポジション取りが異なって来るようだということです。

ポンド円のチャートに200EMAと200SMAを入れてみましたのでご覧下さい。
GBPJPY11.17.gif
上から下りてきますグリーンのラインが200EMAで、上昇してくるレッドのラインが
200SMAです。EMAを見るトレーダーは、プライスは200EMAで頭を押さえられ、
どちらかと言えばそろそろベアに転換だと感じ取るでしょうし、SMAを見るトレーダー
は、ロウソクが上昇している200SMAの上にあってまだまだブルだぞと感じ取るで
しょう。それで、この2本のラインの間で方向が定まらずにいるようです。

XJY11.17.gif円はジワリジワリと買われ円高になりつつありますが、
ドルは弱く、ポンドドルは、まだ上値余地を残しているよう
です。ドルの反発なしにクロス円の大幅な下落はないの
で、ポンド円も大きな動きを見せません。現在は、日柄を
こなす時期なのでしょうね。
人民元の動きも気になるところですが、ポンド円のこれか
らの展開は、142円辺りまで落ちるか、或いは、146円
止まりで反発上昇し、年度末の買い戻しの後、年明けの
暴落となるか。そんな感じで見ています。
第一関門は、200SMAを下抜けることにありますね。







posted by そよかぜ at 08:10| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年11月13日

ポンド円




おはようございます。
久々の更新となります。マーケットは毎日チェックしているのですが、プライベート上での事情があり
記事の更新に手が回りません。こんなところでも見に来てくださる読者様には申し訳なく思います。
時間のできましたときに、投稿させていただきますのでどうかご理解ください。

さて、タイトルのポンド円ですが、しばらく、152円方向と142円方向の可能性を見ながらチャートを
見続けてきましたが、キング総裁の発言を切っ掛けにポンドの方向性が定まったように思えます。
ポリシーは通貨安のようです。そして、ユーロは1.5061で天井を付けた感があります。ドルインデッ
クスを見ますと11日74.78の安値を付けてから昨日は大きく反発しました。円インデックスは50MA
に接近しては反発を繰り返し上昇しています。今後ドルのアンワインドと円高が進みますとポンド円は、
少なくとも146円は下回ることとなり、私の見ていますチャートでも、142.69がターゲットとなります。

ただ、現状の日足は、厚い雲の中にあり、上下に大きくブレながらも下値を探ることになるかと思います。
遅行線が日々線のかなり上方にあり、日々線に接近するまで1週間ほどはかかりそうです。
その間、ユーロもオプションがらみの動向もあり、目先1.4800達成後は急速にに買い戻されるという
展開も無きにしも非ずです。ポジションは、リミットを小刻みにおくのが得策と思われます。

今朝方、4時過ぎに約定しました150.02Sがストップとなるか、利を膨らませるか行方を占いたいと思います。
posted by そよかぜ at 08:36| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。