2010年10月29日

上にも下にも…





昨日は、ドル中心で調整のドル売り相場であったのが、円買い相場へと変化し、
ドル円は再び80円台へと押し戻されました。現在は、81円戻して来ています。
そういうことで、円インデックスのチャートですが、昨日懸念していました窓です
が、早々に埋められました。FOMCを控えて、更に週末、月末要因も重なり、上
にも下にも試されそうな相場です。

XJY 10.28.gifUSDJPY 10.29 D.gif

posted by そよかぜ at 08:13| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月28日

ストップはしっかりと…




日銀は日銀金融政策決定会合において、市場の予想通り翌日物金利を
0−0.1%で据え置きとしました。
「新型オペの規模は30兆円で据え置き」、「金融資産買い入れの規模を
5兆円で据え置く」また、「社債はトリプルB、CPはA-2まで買入れ基準を
緩和する」「ETF・J−REITの買い入れを早期に開始するために次回会合
日程を11月4−5日に変更」などを決定しました。
詳しくは、日銀のHPに掲載されています。ご一読下さい。
「当面の金融政策運営について」

これを受けて、ドル円は81.68まで少し上振れましたが、、事前にある程度
予想されていた内容だったからか、然程買われる様子はありませんが、
かといって売られるというわけでもなく反応は薄いようです。
次回会合日程を11月4−5日に変更というのは、いかにも日本時間11月
4日3時15分に発表されるFOMCの結果を意識してのもののようですね。

今日以降28日、29日、1日、2日と80.50、80.30、80.00円ストライクもの
のオプションがあるようですから、こうなれば、4日を迎えるまでに、短期筋
のショートが炸裂する可能性も考えられます。切っ掛けが何になるかわか
りませんが、本日より重要指標も目白押しですので、目の離せぬマーケット
となってきました。
保持中のポジションにはしっかりとストップを置いて下さいね。また、新規の
ポジションは、利食い千人力で確実に取っておきましょう。

ラベル:FX 為替 投資
posted by そよかぜ at 14:42| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドル円の82円乗せは?




昨日の米ドル円は、始値81.43、高値81.99、安値81.31、 ポンド円は、始値129.04、
高値129.62、安値128.54となり、あまり大きく動きませんでした。
ドル買い戻しで、ドル円はショートカバーで大きく上昇するというのでもなく、売りをこなし
ながらじりじりと値を上げるといった感じの動きで、新たな買いもこまめに利食われ、新た
にショートができ下がれずに値を上げるといった展開であったように思われます。
10月12日より11営業日82円より下での推移となっております。今後の展開へのキー
ポイントとしましては、 本日の日銀金融政策決定会合の結果公表でサプライズ的な追加
対策が盛り込まれるかどうかが焦点となりそうです。
クロス円もあくまで、ドル円の動向次第というところでしょうね。

XJY 10.27.gif参考までに、円インデックスのチャートですが、売りサイン
点灯したようですが、窓を開けているのが気になるところで
すね。上段は米国2年債のチャートですが、底打ちしたよう
にも見えます。







それではまた後ほど。。。

ラベル:FX 為替 投資
posted by そよかぜ at 08:28| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月27日

ドルは買い戻し継続





米ウォールストリート・ジャーナル紙の報道で「FRBは11月に数カ月間で数千億ドル規模
の国債買い入れ計画を発表する公算が大きい」と伝わったことが材料視されて、ユーロが
1.3878まで買い戻されましたが、戻りはまた売られて現状は、1.3820辺りです。
一進一退といった感じですね。
DXY D 10.27.gif
さて、ドルインデックスチャートを見ますと、やはり、FOMCを前にドルの買い戻しが進んで
いるようです。本日は、7−9月期豪CPIが市場予想を下回り、豪利上げ観測が後退したと
の見方から豪ドル売りも進んでいます。ポンドも売られています。円も売られ、ドル円は、
81.72まで伸びました。
ポンド円はドル円の上昇で、じり高です。下値は、128.87止まりで買い戻されており、商い
が薄いので、日足の基準線130.08辺りや噴き値では38.2%戻しの130.76辺りもあるか
もしれません。欧州時間に入り流れが引き継がれるかどうか見極めて入って行きたいと思
います。129.01は建値決済です。
posted by そよかぜ at 10:45| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドルとポンドの買い戻し




昨日は、米債券利回りが上昇、ドル買い戻しの動きとなるなか、発表された
英GDPは予想を上回ル結果であったことや、S&Pが英国格付け見通しを
『ネガティブ』から『安定的』に引き上げたことがポンド買いを誘いました。
ポンド円は129円乗せへ、ポンドドルは1.5900に迫るなど、ポンドはこれま
でのユーロからの買い戻しもあって強い展開をみせました。
色々と解釈をつけられそうですが、来週のFOMCを控えてのポジション調整
の切っ掛けではないかと思われます。

GBPJPY D 10.27.gifポンド円の日足チャートですが、現状は
フィボ23.6%戻しの辺りにあり、比較的
強いレジスタンスであることが見てとれま
す。
4時間足や、1時間足を見ますと、若干
下向きが感ぜられますので、少し売られ
そうですね。
下値目処は、先ずは128.48、更には128.09、127.77辺りでしょうか。
一方上値目処は129.32、129.72辺りまででしょうか。

posted by そよかぜ at 08:22| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月26日

ポンド円、これからの展開は?





ロンドン時間に一部米紙が、AIG関連での隠れた損失が存在し、米納税者が400億ドルに
上るマイナスを被る可能性があると指摘しているとの報道がきっかけで、米債券利回りが上
昇、リスク回避のドル買い戻しの動きとなり、ドル円も上昇しました。
旧トライアングル下限81.21までの上昇で、その後失速していましたが、ポンドの予想を上
回るGDPを受けて買い優勢となったことで、ポンド円の牽引もあり、ドル円は、更に上昇して、
旧トライアングル内に頭を突っ込み始めました。ストキャスは上昇余地を示しており、もう少し
上値が期待できそうですね。81.37或いは81.46といったところでしょうか。
ただ、上値では売られショートカバーも意外におとなしいと言った感じがします。
USDJPY D 10.26.gif

ポンド円は、ポンドドルの上昇で、129円タッチというところまで値を伸ばしています。
こちらも旧トレンドラインへの回帰となっており、この黄色いラインで失速するか、抜けて上昇
するかを現在見守っています。127.99Sと128.32Sはそれぞれ薄利決済しましたが、現状
は、取り敢えず新たに129.01Sを試しに保持していますが、上に抜ければドテン買いで、下
に抜ければ、追撃売りするつもりです。ポンドドルが強気なので、どうも上に軍配が上がりそ
うな気もします。さて、どうなるでしょうね。
GBPJPY D 10.26.gif

ラベル:ポンド円 ドル円
posted by そよかぜ at 21:15| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポジションについて

   



127.38Sは127.10で決済、126.96Lは保持中です。
リミットを127.73に変更しました。後127.99Sと128.32Sを
注文中です。
前記事に誤記などありましたので訂正しておきました。
posted by そよかぜ at 15:59| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ダブルボトムには失敗?



ポンド円についてのフォローです。
GBPJPY 15m 10.26 2.gifこのチャートからは、本来理想的なロングポジをとる位置は、
←1か或いは←2の辺りですが、目覚めてとりました私の駄目
ポジは、雲下限を反発した←3の126.96でした。N計算値に
当たる127.04を超え、127.19を超えたところで、127.60の
決済注文(ストップは、←1の126.76)と、127.38のショート
を注文をして再度休みました。
するとポンドはやはり売り意欲が大きくXOP127.39では売り
に押されて失速、ダブルトップには失敗したようです。

ということで、御想像のように私の駄目ポジは、127.38Sと126.96Lの両建てとなっており、
ロングの方は引かされております。たまたま127.38が約定していたからよかったものの、
127.35辺りで失速していましたら、ほんと駄目ポジですものね。
これからの料理の仕方ですが、126.76のストップは変えず、これがつくようでしたら、127.38S
を伸ばしていきたいと思いますが、現在は微妙な位置にありますね。
posted by そよかぜ at 08:14| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポンド円はダブルボトムで上昇か



昨晩は体調を崩し早くから休んでしまいましたが、夜中に目覚めましたので、
チャートチェックしましたところ・・・

126.44まで安値を更新したポンド円ですが、ダブルボトムを付けて、短期的
には上昇しそうです。ターゲットは127.60辺りですが・・・
GBPJPY 15m 10.26.gif

ユーロドルはまずまずイメージ通りの展開となり、1.4060ショート1.3970での
無難な決済注文が約定していました。しかし、赤いトレンドラインが効いているよう
ですので、上昇トレンドはまだ健在です。1.37辺りへの調整が継続するかどうか
は戻りを見ての判断です。
EURUSD 1H 10.26.gif
posted by そよかぜ at 03:25| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

今週の展開はどうなるでしょうか?




DXY 10.23 W.gifDXY 10.23 D.gif
ドルインデックス週足では、先々週トライアングル下限で反発し、先週は上髭は
長いながらも下値を切り上げての上昇となっています。日足でも、上昇トレンドへ
向かい始めたようには見えます。

EURUSD W 10.23.gifEURUSD 4H 10.23.gif
では、ユーロドルはどうでしょうか。ユーロドル週足では2週引き続き十字線となっ
ておりますが、上値も下値も切り下げてはいます。マーケットはドルを引き続き売
るべきか、或いは一旦買い戻して売り直すべきなのか模索しているようです。
4時間足で見ますと、ろうそくは雲の下にあり、サポートを割れますと、1.37辺りま
での調整が見られそうです。
EURUSD 1H 10.23.gifしかし、1時間足で見ますと、保ち合い相場であり
ながらも、ストキャスではまだ上昇余地の可能性
を示しており、再度1.4を試しに行ってから1.37
へ向けて調整となるかのように見えます。



USDJPY W 10.23.gifでは、ドル円はどうでしょか?週足では、ユーロドル
と同じく2週連続の十字線で、引き続きダウントレンド
にあります。
しかし、長期ダウントレンドにも変化が見え始めてい
るようですので、詳しく4時間足で見ますと、ストキャ
スでは上昇を示唆しており、第1段階としては、トライ
アングル上限81.50辺りをクリアできるかです。
USDJPY 4H 10.23.gif上抜けますと、第2段階としましては、雲の上限を抜
けられるかどうかですね。81.90辺りがポイントでしょ
うか。82円を超えられますと82円半ばまでは期待で
きそうです。




介入を考えますと、史上最高値である79.75は近くて遠い感じもしますが、売り手は
まだまだトライしてみなくてはおさまりそうにない感じです。ただ、ここまで売り込まれ
たのですから、売るにもショートカバー対策の、ストップ2倍返し、3倍返しも盛り込ん
でいましょうから、個人投資家のような波の上の木切れのような存在では、ここから
売りで付いていくよりも、トレンド転換を確かめてから小舟をこぎ出す方が安全かと思
われます。


XJY 10.22.gif
円安はいつ訪れるでしょうか?円インデックスを
見ますと、まだサイン点灯とは言えないですが、
買われ過ぎの状態であり、間もなく円売りのサイ
ンを点灯しそうではあります。








本日は、G20財務相・中央銀行総裁会議を終え、マーケットの反応を見ていきたいと
思います。

参考までにG20財務相・中央銀行総裁会議声明の仮約です。
http://www.mof.go.jp/jouhou/kokkin/g20_221023.htm
英文はこちらです。

http://www.mof.go.jp/english/if/g20_101023.pdf

ラベル:FX 為替 投資
posted by そよかぜ at 08:40| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月24日

質問を頂きましたが…






ポンド円のジョビングについて、メイルで赤いトレンドラインというのがチャートに
ないのですが…と質問を頂きましたがここでお答えさせていただきます。

失礼しました。記事をアップしてから確認をせずにそのままになっていましたの
で、画像を間違えて貼り付けていたようでした。申し訳ございませんでした。
差し替えしておきましたのでご確認ください。

それから、ジョビングについての質問ですが、個人的なニュアンスで、ジョビングと、
スキャルピングとを区別しています。
スキャルピングはごくごく超短期のトレードで、ポンド円なら5〜15pips、ユーロドル
なら3〜10pipsで決済といった具合にターゲットポイントに届かなくても、ある意味
ではターゲットポイントはあまり意識せずに、勢いがなくなれば決済、或いは状況に
よりドテンを繰り返しています。その際は、値動きを注視していて、チャートを見る余
裕はあまりなく自分の頭の中でロウソクを作り上げています。
参考に見るチャートは、1時間足です。
ジョビングの場合はもうすこしゆとりがあり、ターゲットポイントを意識しながら、1分
足と1時間足チャートを参考にして節目節目を注視しているのです。
そして、ジョビングでは、玉操作を駆使しています。
いずれの場合も1時間足チャートを参考に開いており、勢いが感ぜられなければ、
ターゲットポイント手前で閉じるようにしています。

私の意図することがお伝えできましたでしょうか?
これ以上は、企業秘密ですので^^よろしくお願いします。

ラベル:FX
posted by そよかぜ at 08:45| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月22日

決済しました




127.43は127.86ですべて決済しました。20:35から22:02までと
少し時間がかかりすぎましたね。15分足では、127.54辺りのサポート
も割れましたので、弱いかなと思いましたが、また戻して来ています。
127.85を超えますと、127.94や128.01辺りまで見込めるのですが…
でも今日のトレードはこれまでとします。
posted by そよかぜ at 22:46| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ポンド円のジョビング





本日は、韓国の慶州でG20・財務相・中央銀行総裁会議が始まり、その場に於いて、
G7も財務相・中央銀行総裁会議が開催されています。注目の声明は、明日23日の
夕方に正式発表される予定ですが、昨日のガイトナー米財務長官のコメントのように、
要人の発言一つでマーケットが振られやすいので、今日はずっとチャートを見ながら
様子見しています。

ポンド円が好きなので、どうしてもポンド円のチャートに釘付けになってしまうのですが、
GBPJPY 1H 10.22.gif本日は東京時間に、下値が試され、赤いトレンドライン
を下抜け、127.07まで安値更新しました。
しかし、127円を死守し反発じりじりと上昇しています。
先程、直近高値から安値への23.6%戻しの127.57
まで戻りました。戻りはすぐさま売られましたが、赤い
ライン127.37辺りで下げ止まるか見守っていましたら、
どうやら下げ止まりを見せたようですので、127.43で
買いました。状況によって127.65、127.78、127.94辺りでは決済のつもりです。
ポジションの持ち越しはしません。





posted by そよかぜ at 20:55| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月21日

ドル売りが優勢に




昨日のマーケットは、ドル売りが優勢。
「FOMCでは3−6カ月の期間で5000−5500億ドル規模の資産買い取りが決定される見通し」
とのリポートが切っ掛けとなり、再び米追加金融緩和テーマのドル売り相場に戻りました。
ドルインデックスの日足では、大陽線と大陰線が並んだ格好になりました。結局のところ、人民元
の金利引き上げを切っ掛けに、ドル売り相場の調整がなされたに過ぎなかったということでしょうか。
いやいや、マーケット自体が、敏感になっているということでしょうね。

巷では、中国が人民元切り上げで安くしたユーロを大量に調達したのではないかなどと噂されて
いたりしますが、本日も、GDP等中国発の指標がありTKY時間も揺れそうです。
しかしながら、目先の情報に左右されず、チャートの動きを見守るのが良さそうです。

本日出かけますので、記事のアップは夜半になりそうです。では、また。

ラベル:FX 為替 投資
posted by そよかぜ at 08:41| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月20日

ポンド円はどこに向かおうとしているのでしょうか?




ユーロドルは1.38台を明確に回復し、ユーロがじり高に推移しているのに比して、
ポンドは軟調です。
キング・英中銀総裁のポンド安は英経済のバランス回復を支援するとの発言に
ポンドは売られやすい状況にある中、発表されたMPC議事録では、政策金利
据え置きと資産購入額据え置きの双方とも7対1対1だったことや、ポーゼン英
MPC委員は500億ポンドの資産買取枠拡大を主張したことなどが判明しポンド
は戻りも鈍く軟調な推移となっています。

ところで、ポンド円はどこに向かっているのか考えてみました。
GBPJPY 10.20 W.gifポンド円の現状は、5波構成の下落C波動
の最終5波動に位置するものとみられ、その
最終目標値は117円辺りでしょうか?
そしてそれまでの下値目処は、126.05、
123.60、120.50、117.06かと予想され
ますが、さて実際はどうなるでしょうね。

ただ、すぐにそこまで達するのでなく、第5波動の始点8月3日高値137.76より、
かれこれ10円の値幅の下落となっており、そろそろリバースの時期かと思われる
のですが、5月16日安値126.73をまだ下抜いていないことから、126.05辺りま
での下値を見て、その後に一旦調整となるのではないか?
従いまして、今回125〜126円辺りで下げ止まるのではないかと考えています。
1時間足で短期的目処を確認しますと、上下の節目は129.85、129.43、128.20、
127.86、127.43、126.89、126.19、125.43とみられます。

この後、23時30分からは、英国で2014年までの歳出削減策の詳細は発表されます。
削減額は、4年間で約830億ポンドという大規模なもので、景気への悪影響や失業者
が増加するのではとの懸念も広がり、労組を中心としたデモも実施されたようです。
発表内容によっては、ポンドが大きく動きそうです。
 
上記はあくまでも現在における私の個人的な見方ですので、その辺り差し引いて
ごらん下さい。まったく異なった状況になるかもしれませんから…


posted by そよかぜ at 20:42| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

ドル高、円高ですね





久々にポンド円が、動いてくれましたね。さて、月曜日に、姉妹ブログでこれからの展開
について記しましたが、マーケットはドル高ですね。
為替レートの自国通貨安は有力なリフレ手段であり、『強いドルはアメリカの国益』と謳っ
ていたアメリカは、リフレ策の一環としてドル安政策に転じ、FRBの金融緩和が進む状況
で、ドルは下落サイクルとなっていました。そうした中、潤沢な流動性を背景にリスク資産
の物色が始まり、「過剰流動性相場」、「リフレ相場」と呼ばれる局面に、為替市場では高
金利通貨・コモディティ通貨の豪ドル、カナダドル等がアウトパフォームしました。

先週末バーナンキFRB議長が次回FOMCでの追加緩和を強く示唆したことで、市場は
ドル売りで反応し、ユーロドルが1.4160まで、ポンドドルは1.6106まで、豪ドルドルは
パリティとなり1.0005まで上昇したのでしたね。そして講演では低インフレ率が『さらな
る行動』の論拠とされました。デフレを警戒しているわけです。
輸出競争力をつけるためドル安政策は必須ですが、‬一方でドル安による弊害もあり、
輸入物価が上昇し、貿易赤字の拡大など米経済に必ずしもプラスにはならないのです。

連銀ローゼングレン総裁は、日本の状況を鑑みてデフレが起きると克服するのはかなり
難しいと指摘しており、デフレリスクを予防すべきであるとしています。ガイトナー財務長
官は、「我々は通貨切り下げに携わらないだろう」 「我々の世代に、ドルが準備通貨でな
くなることはない」 「米国は強いドルに対する信頼を保持する」と「強いドル」に言及しました。
チャートの示唆する動きと正にタイミングがピタリと合っています。
流動性相場のポジション巻き戻しで、豪ドルは急落。そこにきて、昨日、中国人民銀行が
1年物貸出金利を5.31%から5.56%へと25bp引き上げました。これにより、豪ドルドル
は下げ幅を拡大。為替市場は、ドル買い・円買いに。また、株式市場も中国の金融引き締
めを嫌気して大幅反落、ダウ平均は165.07ドル安の10978.62 ドルで引けました。

DXY W 10.20.gifDXY 4h 10.20.gif

ドル全面高です。ドルインデックスを見ますと、トライアングル下限で反発し、上昇に転じて
います。4時間足の方に、上値目処を入れていますが、78.36ポイントとN計算値の78.42
近くまで上昇しました。米国の政策に変化(ドル安からドル高へ)があったということならば、
トライアングル上限に向けて更なるドル買いが進むものと思われます。

EURUSD 10.20 W.gifユーロドルは、本格的な調整入りというところでしょうか。
次の目処は1.3554辺りでしょうか。そして、1.3370辺り
まで見込めるでしょうか…
引き続き、株式市場やゴールドの動きも見ていきたいと思
います。


ラベル:投資 為替 FX
posted by そよかぜ at 09:50| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月19日

チャートから見た今日のポンド円は?




GBPJPY 10.19 4h.gifポンド円は、4時間足で見ますとチャネルラインの
下方にあり、弱い流れで、昨日記事を更新しました
時より、129.30辺りでの反発も然程ないまま、
12日安値128.95を試しに行き、128.69と安値
を更新しての反発となりました。
15日高値130.68からの反落で、いまだ50%も
GBPJPY 10.19 1h.gif戻せずにあります。128.90辺りにはサポートが
できつつあるようで、ショートカバーが入りますと、
130円辺りまでの戻りもありそうです。
具体的な上値目処としましては、129.30、129.41、
129.55、129.74、129.97です。
また、安値を更新してきていますことから、昨日の
安値は試しに行きそうで、チャネルライン下限辺りまでの下値もありそうです。
具体的な下値目処としましては、128.63、128.29、128.07、127.68、127.37
を見ています。

昨日は、あまりマーケットに触れられませんでしたので、取り敢えずチャートから見た
短期的な、分析です。これから、昨日一日の各市場の様子を顧みることにします。
ではまた後ほど・・・
posted by そよかぜ at 08:16| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月18日

ドルは買い戻しに…




週末の流れをそのまま引き継ぎ、ドル買い戻しの相場となっていますね。
ドルインデックス、ユーロドル、ポンド円のチャートをアップしておきます。
DXY W 10.18.gifEURUSD 10.18 4h.gif

GBPJPY 10.18 1h.gifポンド円は、現在のところ、129.46までで
少し戻していますが、チャートに記していま
すように、いずれ129.33辺りが試されると
思います。その辺りでまた一旦下げ止まる
かと思います。


時間がありませんのでこの辺で…後ほどまた。

ラベル:FX 為替 投資
posted by そよかぜ at 11:53| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

これからの展開について




これからに展開について、姉妹ブログ『・・・楽しみながらFX ・・・ 合理的なトレードを目指して』
の方でアップしました。よろしければご覧ください。
posted by そよかぜ at 03:28| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月14日

ドル円は一時81.24円と1995年4月以来の安値を更新




EURUSD 10.14 W.gifチャートは、ユーロドル週足です。
ユーロは助走をつけての続伸、先程1.4095を至現しました。
10月6日の「気になるユーロの行方」で記しましたように、
1.4093は達成しました。ここを然りと抜けていきますと、
次は1.4502というターゲットが見えるわけですが、少し遠い
ようですので、4時間足で見ましょう。
次のターゲットは、1.4138、1.4199、1.4277でしょうか。
EURUSD 10.14 4h.gifいよいよドル円80円が現実的なものに見えてきましたね。
本邦の介入はどうなるのでしょうか?






posted by そよかぜ at 12:10| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

要人発言でマーケットは右往左往





ウェーバー連銀総裁の早期利上げ可能性示唆で上昇に転じたユーロですが、
やはり、ユンケル・ユーログループ議長の1.4ドル台は好ましくないという発言は尾を
引き1.4000は抜けていきにくいようで、利食い売りで軟化しました。しかし、追加緩和
期待が高まるドル売りがマーケットの思惑ですので、再度1.4ドル突破が試されるもの
と思われます。ただ、中東系がドルを買い支えているようで1.4ドル突破で流れが変わ
るのを阻止しているようです。

ポンドにつきましては、センタンス・英中銀委員は
「BOEの信用喪失のリスクが増大している」
「緩やかな政策金利引き上げは、正しい政策運営」
「世界経済の回復により、消費者物価指数の圧力が続いている」
と金融引き締めを示唆したことが背景でポンド買われドルが売られました。
マイルズ・英中銀委員とは反対の立場にあるセンタンス・英中銀委員の発言は予想通り
のものでした。マーケットも予想したかのように、マイルズ委員の発言で、調整売りをして
下値では切り返し上昇に転じています。

ドル円は、こうした流れの中で、81円後半で膠着しています。どの通貨を見ましても、
行きたがっている方向は見えそうで、マーケットが偏り過ぎて行きたい方向に進めない
という感じです。さて、ドル円のオプション情報では、本日期限の80.00円ドルPUTで
700本というのが噂されており、気になるところです。


所用がありますので、この辺で…後ほどまたアップします。

ラベル:FX 為替 投資
posted by そよかぜ at 08:42| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月13日

FOMC議事録公表を受けて




昨日は、FOMCを控えポジション調整でのドルの買い戻しとなりユーロ、ポンドが
売られました。LDN時間ではマイルズ英MPC委員の早すぎる金融引き締めをし
てはならないとの発言に、ポンド売りが加速しました。その後、ウェーバー独連銀
総裁が国債購入は恒久的停止に向け段階的に縮小をと言った出口戦略的な発
言をしたことでユーロ売りはおさまり、ユーロは買い戻しに転じました。


そして、NY時間に公表されました9月のFOMC議事録では、緩和策実施に慎重
な見方を示し、実施については経済動向次第だと強調しました。メンバーがやが
て(before long)追加緩和策が必要となるかもしれないとして、インフレ期待の
上向きをねらい資産買取に焦点を充てる方針を打ち出しました。ドル売り再開と
いうところでしょうね。


マイルズMPC委員の発言に伴う英追加緩和期待、その後のウェーバー独連銀
総裁のタカ派的な発言によりユーロは、ユーロドルもユーロポンドも共に上昇に
転じました。こうした背景で、ポンドは、軟調ですが、ユーロに関しましては、昨日
までの売り戦略は解消です。ユンケル・ユーログループ議長の1.4ドル台は好ま
しくないと具体的な水準を述べましたことは気がかりですが、ドルに対して少なく
とも1.4ドルまでは、売りではなく買い目線です。




ラベル:FX 為替 投資
posted by そよかぜ at 07:39| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月12日

ドルはダブルボトムで反発…



先程の情報ですが、マイルズMPC委員が「英国の経済成長やインフレ期待は
非常に不透明」「量的緩和は依然として潜在的に強力な選択肢であり、BOEは
量的緩和を実施する可能性がある」との見解を示したことが売り材料視され、ポ
ンドが売られています。

DXY 10.12 W.gifDXY 10.12 1h.gif
ユーロが売られ、ポンドが売られと、ドルは反発して、ドルインデックスは、現在
77.87ポイントのところです。1時間足で見ますとダブルボトムをつけての上昇
ですので、ターゲットは78.62辺りとなり、まだしばらくドルの反発が見られそう
です。よって、本日は、ユーロもポンドもショート作戦です。

姉妹ブログの方も覘いてみて下さいね。


ラベル:FX 為替 投資
posted by そよかぜ at 18:18| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月08日

ザラバでの安値82.11を至現




USDJPY M 10.8.gif
米ドル円は、昨日ザラバでの安値82.11を至現し、危うく82円を死守
しました。チャートは米ドル円の月足ですが、以前にも記しましたが、
現状がB波の最終5波動に位置し、その波動目標としてあげましたうち
の一つ、N計算値82.30をとうとう達成しました。
しかし、その過程におきましては、介入期待で82.50辺りに溜まりこんだ
ロングが介入が入らず投げを強要させられたとはいえ、セリングクライマ
ックス的な様相はなく、現在も82.30辺りで静かに推移しています。
今晩の米雇用統計を控え、マーケットも様子見ムードなのでしょう。
本邦としましても、介入に批判的な発言を受ける中で、対外的には大規
模介入はし辛いところでもあり、虎視眈々と介入を狙っている投機筋を
相手に、マーケットのポジションの偏り具合やオプション動向を探りなが
ら、介入のタイミングを計っているというところでしょう。張り詰めた緊張感
が伝わってくるようです。

USDJPY D 10.8.gifさて、こちらは、日足チャートですが、
フィボナッチエクスパンションを当てて
みますと、節目節目がきれいに納まっ
ているように見えますね。チャートの形
状から、このまま反転とは考えにくく、
やはり、もう一段下へ下髭を伸ばして
からの反転上昇という形になるのでし
DXY 10.08 W.gifょう。私にはそう見えます。
ドルインデックス日足ですが、昨日は、
ユーロもポンドも豪ドルもスイスフランも、
それぞれ高値更新して心理的節目をこ
なし、雇用統計や、G7、IMF・世界銀行
年次総会などを控えるということもあり、
ポジション調整でのドル買い戻しとなった
ようです。この調整が軽微なものに終わるか、少し大きめのものとなるか、
これまた米国の政策次第というところでしょう。

GOLD D 10.08.gif高値を更新し続けていましたゴールドも
高値1364.55を付けてから1325.68
まで調整下落となりました。1310ドル辺り
まではまだ調整が進みそうにも見えます。
NYダウも同じく高値を更新し続けていまし
たが、昨日は、1100ドルを前に失速し、
調整売りとなりました。
本日も各市場のドルへの資金移動に注目しながら、ドル円の足取りを見て
いきたいと思います。

posted by そよかぜ at 08:37| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月07日

ドル円は、振り出しに戻り…





ドル円の現状は、8月30日の記事でB波の第5波動に位置し、その目標値を近いところでは、
N計算値の82.30ではないかと記しましたが、15日に為替介入が入り、82.87で反転上昇し、
85.92まで値を戻しました。

USDJPY M 10.07.gifUSDJPY W 10.07.gif


USDJPY D 10.07.gif週足で見ますと、介入で上昇しました部分は、上ブレに過ぎず、
結局本来の軌道に戻ったかのように見えますね。振り出しに戻っ
たという感じなのですが、日足チャートを見ますと、これをダブル
ボトムと捉えてロングで入る筋もありましょうし、いやいや介入を
試そうとする向きのショートもありでしょう。短期筋の投機的なに
おいがぷんぷんしてきますね。日柄的にも今週あたりは、変化の
ある時期かと思われます。
ユーロの動きが気になるところで、中国のユーロシフトによる大規
模なマネーフローが注目されます。週末の米雇用統計、G7財務相・中銀総裁会議(非公式会合)、
来週の米FOMC議事録公表なども控えており、マーケットの思惑はどう流れていくか、リスクを最
小限に抑えて、しばし見ていきたいと思います。

ラベル:FX 為替 投資
posted by そよかぜ at 08:22| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月06日

気になるユーロの行方





日銀の実質ゼロ金利政策導入、金融資産買い入れ基金の創設を決定といった政策
により、ドル円の買いでマーケットは反応しました。ユーロドルの調整が進んでいた
ところへのドル円買いで、ポジションの偏りができた、つまりユーロドルのショートが
溜まり過ぎたということでしょうか。調整を終えた短期筋のユーロドルの買い戻しで
ドルが売られ、結局ドル円は、昨日よりもじわりと円高を進めてしまったようですね。

EURUSD M 10.06.gifEURUSD W 10.06.gif
ユーロドルは、1.38台へ乗せてしまって現在丁度月足の雲下限辺りにあります。
DXY W 10.06.gifドルインデックスを見ますと、トライアングル下限
に向けて順調に下降トレンドを辿っているようです。
次の節目は76.90辺り、トライアングル下限が76
辺りですので、そんなところからみてユーロドルは、
フィボ61.8%1.3893までは難なく上昇し、次の
ターゲット1.4093辺りも視野に入りそうです。

ドル安トレンドが継続する中、気になりますのが、ユーロの大きな調整です。
マーケットの関心もそこにあり、「まだはもう、もうはまだ」といった風に、これから先は
月足での雲に突入していきますので、上下にぶれながらボラタイルな展開が待ってい
そうですね。オプション動向などに気を付けて振り回されないようにしたいものです。


現在はユーロ円の牽引でドル円が支えられているのかもしれませんが、ドル円は
介入が試されそうな位置にあって、クロス円は難しいですね。
こういったときは、円がらみは避けてドル円がしっかりと底値を付けて反発するまで、
様子見に徹し、各通貨の強弱を見ながら、パフォーマンスの良さそうな通貨ペアを
トレードするのが安全そうですが、どうでしょう。
とは言いながら、個人的には、ポンド円だけはずっとフォローしています^^。

ところで、話は変わりますが、お気付きの方もいらっしゃるかもしれませんが、先日より
Amebaブログでも書き始めました。Seesaaブログとは勝手が違っていて戸惑って
いますが、そちらでは、不定期ですがシグナル配信などもしようかなと思っています。
気が向けば覘いてみて下さい。http://ameblo.jp/soyokaze-7770815/

ラベル:FX 為替 投資
posted by そよかぜ at 08:39| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月05日

ユーロは調整売り






温家宝中国首相は3日ギリシャ国会で「欧州諸国が発行する国債の保有額を
減らさない」と表明したことなどもあり、週明けのオセアニア市場ではユーロドル
が一時1.38ドル台へ上昇しました。
しかし、アイルランドの今年の財政赤字が当初見積もりよりも大きくなる見込みだ
との英紙報道やノーベル経済学者スティグリッツ氏のユーロに対する悲観的見解
などから一転して、ユーロが売られることとなりました。

EURUSD 10.05 W.gifDXY 10.05 W.gif

チャートは、ユーロドルの週足とドルインデックス週足です。
FEDの追加緩和観測が材料視されたドル売りで、このところユーロは対ドルで大きく
買われていました。週足では3週連続の大陽線引けで、遅行線は日々線を上抜け、
転換線も上抜けて、強気に買いのシグナルを点灯中のユーロドルですが、N計算値
に相当する1.3770を達成したこともあり、調整入りしたのだと思います。
調整後は、フィボ61.8%の1.3893処を目指すことになると思われます。





ラベル:ユーロドル
posted by そよかぜ at 02:51| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月01日

ポンドの動向は?





GBPUSD 10.1 1h.gifドル安相場において、強気に突っ走るポンドでしたが、
昨日は、1.5921と高値を更新しましたもののフィボ
61.8%の1.5968を前に失速して、4時間足の雲上
限1.5669で下げ止まりました。
しかし、これまでサポートになっておりました赤いトレ
ンドラインを割ってきましたので、丁度ボリンの-1σと

GBPUSD 10.1 4h.gif交差する地点1.5748まで戻りを見せていますが、
失速しているようです。
昨日のフィボ61.8%戻し1.5824を早期に回復でき
るようですと、1.6379を目指して上昇を再開すること
になるのですが、このまま反発できないようですと、
1.5636を試しに行くことになるのではないでしょうか?

ユーロ円は強いイメージですが、ポンド円は、昨日安値を更新してきており、戻り売り
のイメージです。131.73、131.90、132.10と戻り売りを狙っているのですが、まだ
131.48まででこのまま131円を割るようですと、130.46辺りが視野に入ります。
ラベル:ポンドドル
posted by そよかぜ at 15:34| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。