2010年11月01日

11月に入り、マーケットの展開は?





先週は、FOMCや中間選挙を次週に控えて様子見やポジション調整といった
マーケットでしたが、週末のNY時間はGDP速報値が予想通りとはいえ、QE2
期待は根強く、ドル売り優勢になりました。終盤にかけて、米国着のイエメン発
UPS貨物機で爆発物らしき不審物がロンドンで発見されたとの報道があり、
オバマ米大統領が会見で「米国へのテロの脅威で信頼できる情報」、
「米国行きの荷物2つに爆発の可能性があった」などと述べたことが伝わると、
ドルは更に売られ、円は買われて、ドル円は1995年4月以来の高値80.37
を付けました。

25日の80.41を更新していますので、やはりFOMCまでに最高値79.75を
試すことになるのではないでしょうか。因みに、ドル円のオプションは、1日に
80.50円ストライク100本、2日に80.00円ストライク400本、またユーロドル
では、1日に1.4000ドルストライク400本が観測されているようです。

チャートを見ます。
EURUSD 10.30 W.gifEURUSD 10.30 D.gif
ユーロドル週足では、売り買いが鬩ぎ合い上下に髭を伸ばしたろうそくが3週
続いています。雲を抜けきれずにあり、ストキャスでは売りサインが点灯しそう
です。2008年7月高値の1.6038を起点として下落波動 A、B、Cを形成中
ですが、現在はそのC波動の第4波(上昇波動)にあると思われます。

もう少し詳しくユーロドル日足を見ますと、6月7日安値1.1875がC波動の第
4波の起点となりますが、現状は修正5波動の第4波とみられます。もうしばら
くの調整を経て最終5波へと向かうものと思われます。引き付けて押し目買い
というところでしょうか。

具体的なレートでは、1.3840辺りを下抜けますと1.3750辺りが下値目処に、
1.4030辺りを上抜けますと1.4220〜1.4350辺りが上値目処となります。
取り敢えず、1.3750では迷わず買っていきたいところです。

USDJPY 10.30 M.gifところで、ドル円ですが、日足週足共に大陰線
引けとなっています。ドル全面安で円は更なる
高値79.75を試す段階へときました。それでは、
79.75を達成すれば、次はどの辺りまで?とい
うのが気になるところです。
波動的には、77.90、71.49、63.35といった
数字がありますが、もう少し詳しく日足で見ます
と、80.03、79.50、78.82といったターゲット
が見えます。さしあたり、79.75を達成しました
79.50辺りでは、ショートカバーが入るかと思
われ、そこにもしも本邦の介入なども重なりますと、83円辺りまで一気に戻し
てくる可能性もありますので、ショートはストップをしっかりと置いて臨まねば
ならないでしょうね。

リスクを考えて、先ずは、FOMC後のマーケットの反応を見てからでよいので
はないかと思います。







posted by そよかぜ at 00:58| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。