2010年11月11日

久々に大きな動きが…





昨日は、英インフレ報告後にポンドが上昇。また、ドル円はポンド円につれ高となり
ストップを巻き込んでとうとう仙石シーリングを上抜けることができました。
また、ポルトガル国債入札倍率が大幅低下したことでユーロドルが売られ、中国人
民銀行が預金準備率引き上げを発表したことで豪ドルドルが売られとドルに追い風
が吹きました。NY時間に入りましてもポンドは買われて更に上伸しました。

注目されていました米30年債入札は、低調で利回りが急伸し、これを受けてドル円
は82.80まで上昇、ポンド円は133.13、豪ドル円は82.86と上値を拡大してリスク
選好の動きとなりましたが、その後米長期債利回りが再び低下しドル売り圧力が強ま
り、ドルストレートは持ち直し、ドル円は82円前半まで値を下げました。クロス円はそ
の狭間にあって高値圏を維持しています。

ポンド円は、日足で見ますと大陽線を立てて上髭を雲の上に突き出しました。
132円辺りまでは調整下落もありそうですが、132円を守るようですと雲上抜けに
トライとなりそうです。しかし、形状的には、ヘッドアンドショルダーズが意識されそうで、
1時間足雲のねじれに向けて売りが加速することも考えに入れねばなりません。
少し様子を見ていきたいと思います。

また後ほど…
ラベル:FX 為替 投資
posted by そよかぜ at 08:18| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。