2010年11月23日

昨日の動きから




昨日、東京時間にはアイルランド政府がEUIMFに支援要請とのニュースを受けて、
ユーロはソブリンリスク後退で買い戻されましたが、欧州後場では、ムーディーズが
『アイルランドの複数段階の格下げ可能性大』との見解を示すとユーロ売りが優勢と
なりました。

NYダウは欧州債務不安を背景に一時149.02ドル安の11054.53ドルまで下落し
たことからユーロドルは一時1.3576まで急落、ユーロドルの下落を受けてポンド、
豪ドル、加ドルなど他通貨でもドル買いの動きが優勢になりました。
一方、円は買われクロス円は軟調な展開となりました。ドル円は対主要通貨での
ドル買いがサポートとなり83円台を守り底堅く推移しています。
83.03辺りをサポートに83円を底固めしているといった様子です。

しばらく所用があり、後ほどポンド円をピックアップします。

ラベル:FX 為替 投資
posted by そよかぜ at 08:31| Comment(0) | FX | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。